エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

後期高齢者被保険者証(保険証)の更新について

〇令和4年度の被保険者証交付について

10月施行の窓口負担割合の見直しに伴い、本年度は被保険者証を2回交付することになります。(手続きは不要です。)

1回目交付の保険証(だいだい色)は7月に有効期間令和4年8月1日~令和4年9月30日までのものを、2回目の保険証(緑色)は9月に有効期間令和4年10月1日~令和5年7月31日までのものを簡易書留で郵送します。(申請等の手続きは不要です。)

※医療機関での一部負担金の割合は、前年中の所得をもとに決定されます。

※有効期間内であっても、世帯構成の変更や所得更正等により自己負担割合等に変更があった場合は、新しい保険証が交付されます。古い被保険者証は、有効期間終了後に破棄してください。

〇後期高齢者医療保険料額決定通知書の送付

令和4年度分の「保険料額決定通知書」を7月中に送付します。

なお、保険料の決定は、昨年中の給与や年金収入、営業所得、不動産所得、一時所得のほか、土地や建物、株式を売買による譲渡所得などを含んだ合計所得をもとに行います。

※所得が低い方や、被用者保険の被扶養者だった方は基準により保険料が軽減(7割、5割、2割)されます。

〇限度度額適用・標準負担額減額認定証の申請

「限度額適用認定証」「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示すれば、外来・入院とも一医療機関の窓口の支払は限度額までとなります。

現役並み所得(負担割合3割)の方はご注意ください!

現役並み所得の方で、住民税の課税所得が690万円未満の方は、「限度額適用認定証」の交付申請手続きを必ず行ってください。

世帯全員が住民税非課税の場合

(※未申告者のいる世帯は対象外)

病院等を受診する際の自己負担限度額や食事代などが軽減されます。該当する方に「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付しますので、保険医療課または高松・七塚サービスセンターで交付申請手続きをお願いします。

※現在「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」をお持ちで、8月以降も認定要件に該当する方には、保険証と新たな認定証(緑色)を送付します。(再度の申請は不要です。)

※マイナンバーカードを保険証として利用できる医療機関、薬局では認定証は不要です。

お問い合わせ

健康福祉部 保険医療課
〒929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
電話番号:076-283-7123
ファックス:076-283-3761