エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

避難所での感染症対策

新型コロナウイルス感染症がまん延する状況において、災害が発生し避難所を開設する場合には、感染症対策に万全を期すことが重要となります。
災害時には断水により、手指の流水洗浄ができない可能性があり、避難所など密集した環境下では、新型コロナウイルスをはじめ、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎、インフルエンザなどさまざまな感染症のリスクが高まります。
今、地震や風水害が起きたらどうなるのか、平時の事前準備および災害時の対応を考えておきましょう。

避難する場所をあらためて確認する

  1. 指定避難所へ避難する
    日頃より指定されている避難所を確認し、ご近所のかたと声をかけあい避難しましょう。
  2. 在宅での避難
    土砂災害や洪水などの恐れがなく自宅での安全確保が可能な場合は、必ずしも避難所に行く必要はありません。在宅での避難も検討しましょう。
  3. 親戚や友人の家などへの避難
    安全な地域の親戚や友人宅へ避難することも考えておきましょう。

必要備品の準備

  1. 食料、水、毛布など避難生活に必要な物は事前に準備しておきましょう。
  2. また、感染症対策としてスリッパ、マスク、体温計、アルコール消毒液(ウェットティッシュ)など衛生品も準備し、避難の際は持参しましょう。

注意

避難所において、発熱・咳などの症状のある方は別の部屋、または他の避難所をご案内する場合がありますので、その際はご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

市民生活部 防災環境対策課
〒929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
電話番号:076-283-7124
ファックス:076-283-1115