エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

不妊治療について

子どもを産むことを望みながら、不妊症のために子どもに恵まれない夫婦に対して、治療に要する費用を補助することで不妊で悩む夫婦の経済的負担を軽減し、明るい家庭の基盤づくりおよび少子化対策の充実を図ることが目的です。 

令和4年度より保険適用が拡充されたことに伴い、従来の助成制度は令和4年3月31日までとなりますが、令和3年度以前に治療を開始したものは経過措置として令和5年3月31日まで申請できます。詳細につきましてはお問い合わせ下さい。


 令和4年4月からの助成制度は下記の通りとなります。

治療種類 一般不妊治療 生殖補助医療(旧特定不妊治療)
治療内容 タイミング療法、薬物療法、手術療法、人工授精など 体外受精、顕微授精
助成金額 保険診療分の自己負担額

(1)保険診療分の自己負担額
(2)保険診療となる生殖補助医療と併せて実施された先進医療費

助成期間 連続する2年間

39歳以下で治療開始の方は6回
40歳以上で治療開始の方は3回
43歳以上で治療開始の方は対象外

対象者 (1)夫婦の両方が治療日の1年以上前からかほく市に住所を有し、かつ引き続き申請日現在も在住している方
(2)医療保険に加入している方
(1)夫婦の両方が治療日の1年以上前からかほく市に住所を有し、かつ引き続き申請日現在も在住している方
(2)医療保険に加入している方
申請に必要な書類

(1)不妊治療支援事業補助金交付申請書
(2)一般不妊治療受診等証明書
(3)(2)に相当する領収書及び領収明細書
(4)夫婦の保険証の写し
(5)振込先の分かるもの(通帳又はキャッシュカード)
※高額医療費制度や付加給付が対象の方はその内容がわかる書類を提出して下さい。

(1)不妊治療支援事業補助金交付申請書
(2)生殖補助医療受診等証明書
(3)(2)に相当する領収書及び領収明細書
(4)夫婦の保険証の写し
(5)振込先の分かるもの(通帳又はキャッシュカード)
※保険診療となる生殖補助医療と併せて先進医療を実施された方は先進医療不妊治療費支援事業受診等証明書も提出下さい。
※高額医療費制度や付加給付が対象の方はその内容がわかる書類を提出して下さい。

申請期限

治療を受けた日の属する月の翌月の初日から起算して1年間以内に申請して下さい

1回の治療を終了した日から1年以内に申請して下さい。
備考

※転入の方で転入前より治療を受けていた方はご相談下さい。

お問い合わせ

健康福祉部 健康福祉課
〒929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地
電話番号:076-283-7120
ファックス:076-283-4116